ConnectBass

ConnectBass(コネクトバス)は、

お客様からの問い合わせ、連絡先情報をGoogle Apps for Work と連携して一元管理できるコンタクトマネジメントツールです。

期間限定、無料で利用できます。

今すぐ試してみる!

コンタクトマネージャプラン登場!

ConnectBassの特徴

コンタクト(連絡先)情報を一元管理

お問い合わせの連絡先情報はGoogle Appsへ自動的に追加され、Gmailのアドレス帳として共有されます。お問い合わせ内容などの情報はConnectBassに保存され、Google Appsの連絡先情報と連携して顧客情報を一元管理します。

最も利用するコミュニケーション手段で一元管理する >

対応状況も一目瞭然

お客様からの問い合わせ情報がメーリングリストや掲示板で整理されず、時系列に蓄積されているだけで、対応漏れなどが発生していませんか? ConnectBassなら、対応状況も過去の問い合わせ対応履歴にもすぐアクセスができ、顧客管理を簡単に行えます。

いつでも、どこからでも

スマートフォン、タブレットからのアクセスにも最適化されており、外出時にも問い合わせ対応が迅速に行えます。

Google Apps for Workとの連携

ConnectBassの利用にはGoogle Appsが必要です。
Gmail、カレンダー、文書共有などの日々のビジネスに必要なアプリケーションをいつでもどこからでも、利用することができます。

Google Apps for Workの詳細 >

ConnectBassの機能

連絡先管理

Webフォームまたは、ConnectBass管理画面から、Google Appsの共有連絡先に連絡先情報を追加・編集・削除を行えるインターフェイスを提供します。この連絡先管理には、過去の問い合わせ履歴、アクセス履歴や、アクション履歴などのコンタクト情報が一元化され保存されます。

Webフォーム

問い合わせWebフォームから、Google Appsの共有連絡先への登録に加え、登録完了メール送信、ファイルダウンロード、カスタマーサポートチケットの発行などの後続処理ができ、様々なシチュエーションの問い合わせフォームの作成が可能です。

カスタマーサポート

サポートチケットが発行された問い合わせの一覧から対応状況、担当者、過去の対応履歴が瞬時に確認でき、迅速に返信することができます。お客様にも問い合わせ履歴画面を提供することができ、ヘルプデスク・サポートデスクとして簡単に利用ができます。

メール配信

過去のアクセスやアクションを元にメール配信ができます。条件を設定することで、フォローメールの自動発信もできます。

アクセス履歴

ユーザーが問い合わせページにアクセスしたタイミング、問い合わせたタイミング、ユーザーへ回答したタイミングなどのユーザーに関するアクション履歴が時系列に表示されます。また、Google Analytics との連携もできます。

ConnectBassのプラン・料金

期間限定!今なら全てのプランが無料でご利用できます。

今すぐ試してみる!

プラン・料金の詳細 >

ConnectBass活用事例

ConnectBassでデキルこと。カイケツできること。

ケース1:
社内の問合せ対応で利用

「個人宛に届く社員からの問い合わせメール。対応するだけで手いっぱい。なんとかしたいのですが。」

ケース2:
インバウンドマーケティングに利用

「問い合わせのあったお客様にメルマガを発信しているが、反応がイマイチ。積極的に情報を送り、購買意欲を高めて商品購入へとつなげたいのだが...」

ケース3:
Google Appsに連絡先共有を簡単に導入

「お客様の連絡先は営業しか知らない。営業が不在時はお客様に連絡が取りたくてもすぐに取れない場合があるので困ってしまう。」

活用例の詳細 >